にんにく卵黄が持つ効果・効能とは

にんにく卵黄は、にんにく卵黄それぞれが持つ高い栄養価を同時に効率良く摂取できる優れた健康食品です。

 

にんにくと卵黄を同時に摂取することにより、相乗効果でさらに高い効果を期待できるのです。それぞれがどんな効果をもっているのか、またそこから生まれる相乗効果にはどんなものがあるのかを見ていきましょう。

 

にんにくの効能とは

 

古来から、にんにくは世界中で健康に良い効果や効能を様々に持つ食品として愛されてきました。その中でも特に注目されているのは、殺菌・抗菌作用や疲労回復・滋養強壮などの大きな効果を持つ『アリシン』です。

 

アリシンの殺菌・抗菌作用は非常に強力で、12万倍に薄めたとしてもコレラ菌やチフス菌、赤痢菌などの菌類を寄せ付けないほどです。ウィルス性の風邪や鼻炎予防に効くのはもちろんのこと、戦時中には外用薬としても利用されていました。

 

アリシンはエネルギー代謝に欠かせないビタミンB1と結合すると、『アリアチミン』という成分に変化します。アリアチミンはビタミンB1の吸収率を高め、さらには代謝を活性化することにより活動エネルギーを作り出します。その結果、滋養強壮や疲労回復に効果をもたらしてくれるのです。

 

卵黄の効能とは

 

卵にはもともと良質なタンパク質が含まれており、中でも卵黄にはカルシウムや鉄、ビタミンA、ビタミンDなどの栄養素が含まれています。さらに含まれる『レシチン』は人間の細胞膜の主成分となることから、卵黄を摂取すると細胞の生成や維持を促す効果を得られるのです。

 

レシチンには体内のコレステロールを軽減する働きがあり、1日1〜2個程度の卵を取ることで健康な生活を継続できることになります。

 

にんにくと卵黄による相乗効果

 

にんにくと卵黄に、それぞれ非常に高い栄養価と健康に良い効果を持っていることがおわかりになったでしょうか。この2つが合わさることで、にんにくのアリシンと卵黄の中性脂肪とが結びつき、『脂質アリシン』という成分を生み出します。

 

ビタミンEと同等の効能を持つ脂質アリシンには、強い抗酸化作用で活性酵素による体の老化を防ぎ、若返りをサポートしてくれる力があります。さらに脂質アリシンはレシチンのコレステロール分解作用を補助してくれるので、心臓疾患や動脈硬化を防いでくれるのです。